保活の豆知識

ママ達の保活。激戦区での保育園見学。上から目線に負けないで!

我が子を保育所・保育園に預けて働きたいと思った時、まずしなければならないのが「保育所・保育園の見学」です。保育所・保育園の事前見学は、園の実態を知る為に重要なポイントだと言われています。

地域によっては「事前見学は事実上の面接」なんて話も耳にする事さえあります。

今回は保育所・保育園見学の「嫌な話」についてお届けします。

無認可保育園の見学

見学

保育所・保育園の入所は各地方自治体が定めた基準によって決められます。

基本的には点数(指数)制で、点数の高い家庭の子どもから入所が決まっていくのですが、それはあくまでも「認可園」での話。「無認可園」の場合、入所を決定するのは各保育所・保育園の裁量に任されています。

「職場が近いと有利になる」と言う伝説

通勤

保育所・保育園から職場が近い人の方が入所するのに有利らしい」と言う都市伝説がありますが、これは都市伝説ではありません。

待機児童の少ない地域だと、そこまで厳しくないのですが、待機児童の多い激戦区の場合、無認可園は受け入れる子どもを「選び放題」なのです。

保育所・保育園が足りていない以上に現場では保育士が足りていません。園からすると、何かあった時にすぐに迎えに来てもらえるであろう「園から職場が近い人」は上客の部類に入るようです。

また「何かあっても職場を抜けられないので、実家の母に迎えに来てもらいます」と言える人も歓迎されるのだとか。

「保育に欠ける状態」だからお願いしたいのに……

待機児童

保育園は「保育に欠ける子」が通う福祉施設です。

両親が働いていて、子どもを見てくれる人がいないからお願いするのに「出来るだけ早くお迎えに来てください」とか「延長保育は3日前に連絡してください」とか、やたら条件を厳しく設定している園があるのも事実です。

中には見学をした時点で門前払いを食らわされたり、厳しい条件をつきつけられて泣いてしまった……なんて話もチラホラ耳にします。実際、筆者も上の子を無認可園に預ける時に「あ~。そんな条件言ってるようじゃ無理無理」と言うような対応をされた経験があります。

早生まれは不利?

疑問

また「早生まれの子は出来るだけ受け入れない」と言う方針の園があるようです。

同じ年といっても0歳~2歳の間の子どもは月齢によって、かかる手間が随分と変わってきますよね。

「職員の負担を減らしたい」という理由から「出来るだけ手のかからない遅生まれの子」から入所を決定する……というケースもあり、早生まれという理由だけで門前払いになってしまったケースもあるようです。

もちろん、良心的な園も沢山あります

良心的な園

もちろん上記で紹介したような園ばかりではありません。

無認可園でも良心的な園は沢山あります。とは言うものの「酷い扱いをされるかも知れない」と言う覚悟だけは持っておいた方が良いと思います。

上から目線に負けない強い心!

強い心

何よりも大切なのは「上から目線に負けない強い心」です。

運悪く対応の悪い園を見学してしまったとしても、くじけないでください。どうか「通りすがりの犬にほえられた」と思って受け流してください。

たとえ無認可園でも納得の行かない対応をされた時は、自治体の担当者に苦情を入れてください。

無認可園の場合、自治体に直接何かする権限はありませんが、保育所・保育園の場合は自治体と何らかの連携がある事が多いので「情報を提供する」のは大切です。

悪質な園が無認可園から認証園に昇格……なんて事は避けたいものです。

まとめ

頑張ろう

保育所・保育園へ見学に行った時「職場が遠い」とか「保育時間が長い」とか「頼れる身内が全くいない」などと言う理由で、粗略に扱われたとしたら「きっと縁が無かったんだ……」と気持ちを切り替えて、違う園を見学する事をオススメします。

「捨てる神あれば拾う神あり」ではありませんが、ご自身とお子さんに合った園がきっと見つかると思います。

合わせて読みたい

保活あるある。暴言・無理解・不承諾。保活は理不尽な事だらけ。

突然ですが保活ってしんどくないですか? 管理人今回は「保活あるある」として保活中にありがちな事をまとめてみました 毎日、 ...

-保活の豆知識
-, , , , , , , , ,

Copyright© 保活速報 , 2019 All Rights Reserved.