保育所(保育園)に入るためのコツや情報などをご紹介します!

保育所(保育園)に入るためのコツを全部教えます

保育所の選び方

保育所・保育園の見学。質問項目まとめ。

更新日:

我が子を保育所・保育園に入れて働きたいと思う時、1番大切なのは「そもそも入所出来るのか」と言うことですが、次に大切なのは「安心して我が子を託す事が出来る園を探すこと」だと思います。


大抵の保育所・保育園では事前見学を受付けています。事前見学の形式は園によって様々ですが、見学の時に質問をする事が出来るので、パンフレットや資料を見ても分からない事があれば、是非質問してみてください。今日は見学の時に質問しておきたい項目についてまとめてみました。

095976

◆ 保育士・先生に関して聞きたいこと

1クラスの人数と担任の先生の人数
保育室に規定人数の先生がいない場合は理由を確認。

有資格者の確認。(無資格のアルバイト職員がいるケースもあるので)
「みなさん資格をお持ちですか?」

看護師の有無
看護師の配置は定められていませんが、安心ですよね。

保育士の平均年齢とベテランの先生の年齢
「1番ベテランの先生って何歳くらいの方ですか?」
「先生の平均年齢って何歳ですか?」


◆ 保育について

子ども同士のケンカが起こった場合の対処
(園によって方針が違ってきます)

SIDS(乳幼児突然死症候群)の対策
「うつぶせ寝はさらんい」「定期的に呼吸確認をしている」などの答えが返ってくれば安心です。


◆ 食事について

離乳食の進め方
自分の方針と合っているかどうか確認する

献立表の確認
園で作っているのか、給食センターなのか。栄養バランスの取れた食事が提供されるのかを確認する

アレルギー対策
特にアレルギーをお持ちのお子さんの場合確認が必要です。
アレルギー対策にについては『アレルギー持ちのお子さんの保育所・保育園探しについて』を参考にさなってください。

給食・食育の方針について
「給食ではどんなことを大切にされていますか?」
「食育はどんなことをしていますか?」


◆ 施設について

見学の時は保育室の中を見せていただきましょう。トイレや手洗い場などもチェックしてください。

0~1歳児の部屋は用事の部屋と分かれているか。
無認可園の場合は特に注意してください。部屋が別れていないと年上の子どもにいたずらされるケースがあります。

1部屋に対して子ども多過ぎないかどうか。
無認可園の場合「保育室の広さは基準どおりですか?」と聞いてみてください。

ドアの指はさみ防止策、高い棚等の転倒防止策、子どもの頭上から物が落ちないかの安全対策をしているか。

掃除は行き届いているか。また、吐瀉物等の処理をする消毒薬は常備されているか。

玩具や絵本等は十分に用意されているか

園庭の広さと砂場の衛生状態。園庭がない場合は「お散歩は毎日行きますか?」など、外遊びに連れ出してくれているかどうかを確認。


◆ 保護者との連携体制について

連絡帳の有無
大抵の園では連絡帳が用意されています。連絡帳は保護者と保育士の情報を共有するために必須です。

保護者行事の確認
個人懇談、保護者懇談会など、保護者の出番がどれくらいあるか。

緊急時の対処
子どもが発熱した場合などの連絡はどうするか確認。

延長保育の確認
料金と時間を確認してください。


保育所・保育園の見学で確認しておきたい事をまとめてみましたが、パンフレットや資料を熟読して、すでに書いてある事は質問する必要はありません。

また、見学の時は園の雰囲気や子ども達の表情、保育士さん達の表情なども確認してください。実際に足を運んでみなければ分からない事は沢山あります。「施設はイマイチだったけれど保育士さん達が素敵だった」と言う園もあれば「施設は新しかったけれど、保育の内容がちょっと……」と言う園もあるかと思います。ご自分の方針とお子さんの性格を考えて、お子さんにあった園を探してみてくださいね。

  • この記事を書いた人
保活応援ママ

保活応援ママ

元保活ママです。保活のお手伝いが出来れば嬉しいです。

-保育所の選び方
-, , , , , , ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 保育所(保育園)に入るためのコツを全部教えます , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.